フレンチのガレットの魅力

6f5adadd4d399c41e573988d202eda03_s

ガレットはフランス料理の中で特に好きなものの一つです。ガレットとはしょっぱい系のクレープのようなもので、生地はそば粉から作ります。生地の上に卵やハム、チーズなどの具材をのせて焼きます。とてもシンプルですが、生地のもちもち感やとろりと伸びたチーズの組み合わせがたまらないです。
ガレットはフランスの北西部に位置するブルターニュ地方の郷土料理で、フランス人はリンゴから作られたシードルと言うお酒とともに食べるんだそうです。日本でも美味しいガレットが食べられるレストランもあります。名古屋の新栄にあるフレンチのお店なら、美味しいのが頂けるのでいつも行っています。私はレストランで食べるのも、家で自分でガレットを作るのも好きです。そば粉さえ手に入れば、あとは好きな具材で失敗もなく簡単に作れます。クレープとは違い、ガレットは生地を包まずに端を折って、丸い形の生地を四角になるようにします。そうすると真ん中だけ具材が見えて、見た目もきれいで食欲をそそられます。

SNSでもご購読できます。