モダン焼きと広島焼き

たまに食べたくなるお好み焼き屋さんはやはり家で食べる物より一際その味は磨きがかかっています。
お好み焼き屋さんでもその種類は豊富にあり、関西風や広島風、それらをミックスしてモダン焼きなども人気のお好み焼きではないでしょうか。ちなみにモダン焼きの意味はハイカラという内容から付けられたとされていますが、実際はそうではないという説もあるようです。
このモダン焼きを始めたのは関西のお好み焼き屋さんで、色々な味を楽しむことができるという意味から盛りだくさんを文字ってモダンとされたとされています。お好み焼き屋さんでモダン焼きのことを知っててもそのルーツが何なのかあまり知る人はいないと思います。
もちろんそれだけ庶民に馴染んだということになりますが、家で作るモダン焼きとお好み焼き屋さんで作るモダン焼きではやはり味わい方も違うかと思います。
たくさんの具を盛り込んだモダン焼きは新鮮な食材を使い、そしてそれを味わえるのはやはりお好み焼き屋さんならではの味ではないでしょうか。

関西のモダン焼きに対し、広島のものはそのまま広島焼きと呼ばれています。たっぷりのキャベツやもやしとそばを薄目の生地と卵で挟み、蒸すように焼くのが特徴ですね。
ヘルシーで素材の旨味を感じやすいことから、地元の人でなくとも、ファンは多いのではないでしょうか。広島焼きが食べられる下関のお好み焼きも非常に人気です。

SNSでもご購読できます。