ワインを飲む時のアドバイス

料理とワインを合わせるのをどうしたらいいのか分からない、というときのアドバイスを4つご紹介します。
1、 料理とワインの色を合わせる。
例えばお寿司にワインを合わせる場合。エンガワなど白身のお寿司には軽めの白ワイン、マグロなど赤身のお寿司には軽めの赤ワインがおすすめです。
2、 料理のテイストに合わせるワインを選ぶ。
例えばクリームソースがたっぷりとかかったグラタンには、コクのある濃い目の白ワインが好相性です。味覚の重さの共通点を意識しましょう。
3、 料理のテイストを洗い流すワインを選ぶ。
例えばオリーブオイルのたっぷりとかかったパスタには、さっぱりとした軽めの白ワインが好相性です。ワインが口の中をすっきりと洗い流してくれることを意識しましょう。
4、 スパークリングワインを合わせる。
上記3つの方法でも合わせるワインが見つからないときや、1本しかワインを選べない時は、スパークリングワインがおすすめです。すっきりかつ繊細な泡はあらゆるお料理とマッチします。
相性のいい料理とワインは至福の時間を与えてくれますね。


~おすすめのお店情報~
珍しい、焼鳥と相性の良いワインを提供している東京の「焼鳥本田」
http://www.yakitori-honda.com/

SNSでもご購読できます。