初めてのデートで突進しないこと

好きな人をデートに誘いたい

好きな女性をデートに誘う時「もし断られたらどうしょう?」と考える男性がいます。
しかしデートに誘わない限り、二人の間は進展することがありません。
万が一と言った奇跡の時間を待つと言うのであればそれで良いかも知れませんが、時間が経つことで他の男性に取られてしまう可能性も出て来ます。
ならばダメで元々と言う気持ちで、現状を突破することが望ましくなって来るはずです。
ですからデートに誘いたいと考えた時が、一番のチャンスと言うことになります。
但し、猛牛のように何も考えずの一点突破では、気合が入りすぎて避けられてしまうことにもなりかねません。
まず考えることは、相手の女性は恋愛感情を持っていないと言うことを頭にたたき込んでおくことです。
自分のことを好きか嫌いか判っていない状態でデートに誘う訳ですから、慎重に事を進めることが大切です。
とにかく、デートにOKしてもらわなければならない訳ですから、強引な誘いにならないようにしましょう。
そこには断わられても良いと覚悟しながら、その心理を表に出さない誘いをするべきです。

初デートでは盛り上げすぎないこと

好きな彼女をデートに誘い出すことに成功した訳ですが、これで「上手く行った」とか「もう大丈夫」などと考えてしまうと、大失敗が待つことになります。
デートに誘うことに成功しても、しばらくは冷静でいるべきです。
前々から好きだった訳ですから有頂天になるかも知れませんが、相手の女性はまだどう感じているのか判断がつかないはずです。
男性側の気持ちは頂点に達しているのですが、女性側の気持ちはまだ底辺当たりをウロウロしている可能性が大きいと思われます。
時間をかけて、好きになってもらう工夫が大事なことになります。
男性は見た目などの一目ぼれと言うことが多いのですが、女性は性格や言動・趣味などの確認も大事なことと考える人が多いと言うことを知っておきましょう。

初めてのデートは昼がよい

最初のデートから夜の誘いは、女性にとっても危険を感じることがあります。
特にお酒の席でのデートは、夜遅くなってしまうこともあり、避けることが出来るのであれば避けることが無難です。
但し同じ会社の人ならば、仕事終わりのデートも考えられます。
休日のランチなどのデートが出来れば、幸いと考えましょう。
休日を自分のために使ってくれる訳ですから、望むがゼロと言うことにはならないことになります。
初めてのデートは、爽やかな雰囲気で終わらすことがベストと思われます。

http://www.izakaya-saru.com

SNSでもご購読できます。