名物ラーメンで家族との会話も弾むかも

サラリーマンや、学生達にも大人気なのがラーメン屋ですね。
昼時になると、名物店なら行列が当たり前の光景になっています。
これだけ日本人に愛されるのは、手軽にお腹を満たせる事だと感じます。
ところが、どちらかと言えば”家族連れ”と”一人”での利用も多い気がしますね。
例えば、祝日夕時には家族全員でラーメン屋へ。
平日昼間なら、お父さん・お兄さんの食事場所でしょうか?
この利用方法は、勿論正しいんですが…。
1つの対案として…普段話さない親と子がラーメン屋で食事がアリだと思います。
これは、思春期のお子さんと是非”お父さん”に行って欲しいと感じます。
「偶には、昼ごはんを行かないか?」
「旨いラーメンが名物だっていうお店が出来たぞ、下見も兼ねて食べるぞ!」
軽い感じで誘って、普段聞けない”子供の心”を聞き出すチャンスにもなりそうですよ!
しかし、断られる事だってあり得ます。
それでも、ラーメンが嫌いな日本人(若い子)は殆どいませんね?
何回か誘ってみて…OKなら嬉しいじゃありませんか!
それに、ラーメン屋の滞在時間は丁度良いバランスだと感じます。
長すぎず、短すぎない食事時間。
頻繁に利用しても、飽きられる事が少ないのも”ラーメン屋”ならではと言えますね!

広島の名物、鶏塩ラーメンでおなじみ「徳島鶏塩らーめん錦」
http://www.shizen-canterano.com/nishiki/

SNSでもご購読できます。