定番の焼肉部位はどこの肉?

ハラミ・サガリは内臓肉

よく見る焼肉のメニューを、簡単にまとめました。
ロースは英単語「Roast」からきている肩、背中のあたりの赤身肉、広義ではサーロインやヒレ(フィレ)もこの部分に入ります。
特にヒレ肉の中でも中央部、最も肉質の良い部分を「シャトーブリアン」と呼ぶことがあります。
バラ・カルビはおなかの部分の肉、脂肪分が多めです。
三角バラ、カイノミといった希少部位もここに入ります。
タンはご存じの通り、舌ですね。
最近人気のイチボはお尻の部分のお肉です。
わかりにくいのが内臓肉、牛は意が4つあって、第一から第四胃までそれぞれミノ・ハチノス・センマイ・ギアラです。
歯ごたえのあるミノは特に内臓肉でも定番ですね。
レバーは肝臓、ハツは心臓、こちらは英語由来でわかりやすいでしょう。
シマチョウは大腸にあたります。
ホルモン・モツは小腸です。
意外なところでは、ハラミ・サガリは内臓肉で、具体的には横隔膜の部分になります。
ただ、肉質は実際のところ赤身肉に近いです。

最近人気のミスジは腕の部分

最近人気のミスジは腕の部分にあたり、本来は脂身の少ない赤身肉の部分になります。
しかし、このミスジは肩甲骨付近であまり運動量の少ない部分のため、腕肉のその他部分に比べて柔らかく、適度に脂が入っているのが特徴です。
一頭からとれる部分がわずかなことで、プレミアム感も出ている部位となっていますね。
やはり柔らかさ、脂のジューシーさと口どけを味わうのに、焼肉・ステーキで焼いて食べるのが一番ポピュラーな部位ではないかと思います。
ミスジに近い腕の部分は、そもそも肉の量が相対亭に少ない部分で、ミスジ以外の「とうがらし」「ざぶとん」「さんかく」なども希少部位とされます。

最近は細かい区分けで「希少部位」が増加

最近は、焼肉店で希少部位をアピールし、かなり細かい区分けをすることが増えてきました。
肉質の違いを楽しむという、新しい焼肉の楽しみ方が定着してきたということでもあります。
しかし、希少部位だからおいしい・新しい、というわけではなく、ほとんどの希少部位も、以前は大まかな区分けの中で食べられてきたお肉です。
例えば、「カイノミ」などの希少部位は、部位としてはカルビの一部になっていて、お店によっては「特上カルビ」として提供していることも少なくありません。
「ざぶとん」などは、部位としては肩のロースに近い場所ですが、霜降りの入った肉質はカルビに近く、こちらも「特上カルビ」として出されていたりします。

淡路島の食肉卸三昭株式会社から阿波牛を仕入れられます

SNSでもご購読できます。