料理教室を通して変わったこと

私は19歳の時に半年ほど料理教室に通っていました。
高校生の頃からお弁当など、ちょっとした料理はやっていました。
本格的に料理を学ぶのは、学校での家庭科での調理実習以来でした。
生徒は料理好きの主婦の方が多く、数種類の献立をテキパキと作っていました。

私は最初、何をやったら良いかわからなかったのですが、先輩の生徒さんの指示に従って、少しずつ調理をしました。

しかし、基本的な野菜の切り方も良くわからずに、自己流で野菜を切ってしまいました。
結局は切り方が違っていて、見た目があまり良くなかったのですが、先輩の生徒さんは特にそれを咎めることもなく、良いように解釈してくださいました。

無事に料理が出来上がり、食事の時間になり、みんなで自分たちが作った料理を食べました。
今まで家では食べたことがない美味しい料理でした。

料理教室で料理を学んだことで、料理を作る楽しさを知り、自分でも積極的に家でも料理をするようになったと思います。
この時の良い経験が今でも役に立っています。

最近、ご近所さんが鴻巣にあるお料理教室が丁寧でためになると噂されていたので、
久しぶりに改めて学びたいなあと思っている日々です。
気になっている教室さんはこちら↓
http://www.nikoniko-mamas.com/

SNSでもご購読できます。