新鮮な卵を食する日本文化

生卵を食べる習慣がある日本では新鮮な卵を買って食べています。海外ではあまり生で卵を食べる習慣がないので、卵の賞味期限が非常に長いのです。
日本では新鮮な卵をありがたいということで、賞味期限が非常に短くなっていて、いつでも生で食べられるようになっているのです。
日本の感覚で海外で卵を買って生で食べるとお腹を壊したりするので注意が必要です。スイスの町では新鮮な卵を配達してくれる地域もあり、新鮮な卵を食べることができるようになっています。しかし、生で食べることはなく、スクランブルエッグにしたりして食べることが多く、生で食べるのは日本独特の食習慣と言えます。アメリカですき焼きなどを食べるときには生卵を使いますが、賞味期限に非常に気遣ってサービスされるので、お腹を壊したりすることはありません。ただし、他の国の人が経営している和食の店では生卵の感覚が違っているので、一概に新鮮な卵を使っているとは言えません。本当に新鮮な卵を手に入れたい時は、スーパーで買うよりも千葉の卵販売の様な直販を利用することをおすすめします。

SNSでもご購読できます。