本場バルの豆知識

adce7bf6e5dfa4e19bb2e9f8a9302309_s

日本でもここ数年で数が増えてきた「スペイン・バル」。老舗のバルから新進気鋭のお洒落なバルまで、幅広いお店が増えてきて今後のブームの予感がしますよね。
でも、本場スペインのバルって?まだまだ知らない、わからないことも多いのではないでしょうか。そんなアナタに「本場スペインでのバルのマナー」みたいな豆知識をご紹介。

スペインでのバルは日本で言う「近所のおやじさんがやっている居酒屋」みたいな雰囲気。日本と違うのは午前中からやっていること(笑)
とはいえ、朝から飲兵衛さん達がいるわけでもなく、バルでは朝食、コーヒーのセットから始まり、ランチやおやつ、ディナーまで幅広く対応しているのです。レストランほどかしこまったところに行きたいわけではないけど、しっかり食べたい、なんていう時にもバルは大活躍。家で食べるようなアットホームなメニューから少し手の込んだ料理まで幅広く対応してくれます。

とはいえ、スペインでは町のいたるところにバルがあるので、「一体どのバルが美味しいの?」と迷うことも。そんな時にはふらっとお店の中を覗いて、カウンターの下の床を見てみて下さい!スペインでは伝統的に「美味しいバルの床を汚せ」と言われます。常連さんや、一見さんでも「ここは美味しい!」と思ったら、余ったパンのカスや口を拭いたナプキンや紙くずなどをわざと床に捨てるんだとか。
こうしておくことで「このバルは床を掃除する暇もないほど忙しい=それだけお客さんが入る=美味しいお店!」となるんだそうですよ。

日本でそれをやってしまうとちょっと迷惑かもしれませんが、そんなバルの知識を持った状態で行けばまた違った楽しみが生まれるかもしれませんね。私が行きつけの北新地と西梅田のバルなら、本場顔負けな本格的なメニューが楽しめるので一度覗いてみて下さい。

SNSでもご購読できます。