水耕栽培設備で得られる4つのメリット

初期費用を抑えて農業ができる

露天栽培の場合は土地を耕すトラクターや作物を植える機械を購入する必要があり、さらに肥料や農薬も用意しなければいけないなど結構お金がかかります。
水耕栽培設備は土地に直接作物を植える必要がないため、トラクターや作物を植えるための機械を購入する必要がありません。
基本的には、水耕栽培をするための設備と作物の苗、肥料を購入すればすぐに農業ができるようになるので、露天栽培よりも初期費用を抑えて農業をすることができます。

仕事の負担が少ない

水耕栽培設備では農作業の負担が少ない点もまたメリットです。
露天栽培の場合は作物の状態だけでなく土地の状態もチェックする必要があり、必要に応じて雑草を取り除いたり害虫対策をしなければいけません。
害虫などの驚異は自然の中で発生するものなので、必然的に24時間いつでも対応する必要があります。
水耕栽培設備の場合は水が流れる設備の中に作物の苗を植えておけば、後は流れる水の調整と肥料の濃淡の調整だけをおこなえばよく、この点も作業者の負担を減らしてくれる要因となります。
また、設備の戸締まりをしっかりすれば、雑草や害虫が侵入してくることはほとんど無いので、1日の労働時間が4時間から5時間ほどまで短縮することが可能です。

安定して稼ぐことができる

農業は自然の中で作物を育てることになるので、たくさん収穫できるときがあれば半分以下しか収穫できないとれないことがあります。
また収穫できる時期も年に1回から2回と限られているため、安定して稼ぐことは難しいといえるでしょう。
これに対して水耕栽培では専用の設備の中で人工的に育てることになるので、収穫量に大きな変動はありません。
また栽培方法を工夫すれば年に4回から5回ほど収穫することができるので、年間を通して安定して収入を得ることができます。

水耕栽培設備の相談は「株式会社とーざいアグリ」へ

初心者にも優しい

農業は経験を要する仕事です。
作物の状態と同時に土地の状態や天候の状態を把握し今後どうなるのか、そのために今どんな対策をするのかなどを予測して行動していかなければなりません。
水耕栽培では設備を建てるために土地は使用するものの作物は水が流れる設備の上でおこなうことになるので、土地の状態を知ることは不要となります。
さらに設備内にはエアコンがあり、気温を一定に保ってくれるので天候を気にする必要もなくなります。
そのため水耕栽培のほうが初心者でも成功しやすいといってよいでしょう。

SNSでもご購読できます。