飲食店経営で大事なこととは

20

以前、おでんを中心とした居酒屋を経営していました。私が住んでいる地域は飲食店が多く、どこもそれなりの経営をしていましたし、おでん屋は空白の業種だったので始めました。特に修業をしたわけではありませんが、料理好きで、友人が遊びに来た時などは料理をふるまっていたので、お店もそこそこお客さんが入ってくれました。
しかし、母の病気などで不定休を余儀なくされたことで、お客の入り数が3割ほど減ってしまいました。アルバイトを入れて不定休を解消しようと思いましたが、なかなかバイトは見つかりませんでした。やはりお客様の信頼を得て繁盛店にするには、定休日はしっかり決めて、それ以外はちゃんと営業することが肝心です。いつ休みなのか分からないお店には、誰が見ても行きにくいと思います。
私の場合は、常連さんのアドバイスもあり、看板を大型化し、ライトアップすることで営業しているのがすぐ分かるようにしたため、お客様を減らさず、むしろ増えることになりました。九州の福岡で飲食店を展開している会社も、その点を大事にしていると聞きました。商売は信用第一です。

SNSでもご購読できます。