馬肉で有名な地域のそれぞれの特徴とは?

熊本県

熊本県は馬肉の生産量、消費量ともに全国1位で、馬肉や馬刺しと聞くと熊本県をイメージする方も少なくはありません。
熊本県の馬肉の特徴としてサシ、霜降りがうまいといったことが挙げられます。馬肉は一般的には高たんぱく低脂肪で、他の肉と比べると大変ヘルシーなのですが、熊本県の馬肉はこの霜降りのうまさが追及されています。
ただし、純粋な熊本産と言える馬肉は極めて少ないことが現状で、大半はカナダから輸入してきた馬を使用しています。つまり、カナダ産の馬を熊本県で飼育しているわけです。

福島県

馬肉の生産量が全国2位なのが福島県で、特に会津地方は馬肉や馬刺しで有名です。会津地方の馬肉は赤身が特徴なので、馬肉の中でも大変ヘルシーだと言えます。また、熊本県が九州独特の甘めのしょうゆダレに生姜おろしと合せて食べるのに対し、会津地方ではしょうゆダレに馬肉用に辛みそを入れて食べます。この辛みそはニンニクをすりおろしたものに唐辛子などが加わっていますが、ヘルシーで淡白な赤身の馬肉には大変合います。
福島県の会津地方で馬肉や馬刺しがこれほどまでに有名になったのはなんと、プロレスラーの力道山によるもので、会津若松市内のある店に力道山が来店した際に、店につるされていた馬肉を、持参していた辛みそといっしょに食べたことがその起源とされています。

長野県

長野県の馬肉生産量は全国5位ですが、昔から農耕で使っていた馬が高齢になった際に食べていたという食文化があります。そして、庶民の馬肉に対する需要が拡大するにつれ年老いた農耕馬が減ってしまい、県内だけでは馬肉が不足する事態に陥ったといいます。そして、「ばくろう」と呼ばれる行商人たちが全国各地から馬肉を買い付けてくるようになり、さらに長野県内で馬肉を食べる文化が広がったと言われています。

熊本は観光地としてだけでなく馬肉料理も有名です

青森県

青森県内で馬肉を食べるようになったのは戦後からですが、馬の飼育や生産は鎌倉時代から行なわれていたとされています。さらに、戦時中、青森県内には軍馬の補充部があったため、馬の飼育もより一層根付いていったのです。
青森県の馬肉は熊本と同様にカナダ産のものが大半です。カナダで生まれた生後1年から1年半の馬を輸入し、青森県内で育てています。そして、青森県内の馬肉は必ず当地で1年半以上は飼育しているので、国産の馬肉として表記され、販売されているのです。

SNSでもご購読できます。