麺はいつどこで生まれたのか

麺料理が生まれたのはどこか

世界中で愛されている料理である麺料理は、その起源を知っている人が少ないといいます。
起源は中国北部・黄河流域だったというのが現代考古学での定説です。
紀元前3千年ごろに小麦が石臼とともに中国に入ってくるようになり、麺に似たものを作っていたといわれています。
正式に麺が記録に残るようになったのは2世紀ごろです。
日本には遣隋使や遣唐使によって伝わってきていますが、伝わったなら・平安時代にはお菓子だったといいます。
鎌倉・室町時代になると、修行僧が食べるものとして出されるようになりました。
この頃には既にうどんやきしめんといったものが登場しており、室町初期にはほぼ現在の作り方です。
そばが登場するようになったのは江戸時代で、当時はそば切りと呼ばれるものが主流でした。
次第に現在の麺に変化していっています。
パスタやラーメンが登場するのは文明開化以後といわれており、時代の流れによって多様な面が登場していたのがわかるでしょう。

麺の原料とされているもの

一般的には小麦粉が主流といわれていますが、実は小麦粉だけではなく、多様な穀類を使って造られるようになりました。
もともとの元祖としては小麦粉があり、現在でもうどんやパスタの原料として小麦粉は欠かせないものとなっています。
うどんやパスタだけでなく、そうめんや冷麦、沖縄そばに至るまで多岐にわたる面の種類が存在してきました。
それ以外で有名なのは日本のそばでしょう。
そばの種類は複数存在し、韃靼そばや冷麺の原料としても使われることが少なくありません。
なお、イタリアにはそば粉でできたパスタが存在しています。
大麦や片栗、キビや葛といった原料から作ることも少なくありませんが、比較的有名なものとしてはビーフンやフォーの原料である米です。
米でできている物はゆでると半透明の麺になり、独特の味わいといえます。
ダイエットのためのこんにゃく麺や緑豆はるさめなども、麺の仲間です。

所沢の三上製麺は乾麺一筋100年

麺の種類

生めんだけではなく、乾麺や即席めんといったものまで登場しています。
食生活にあったものを作ることができるため、利便性の高いものや味にこだわりのあるものを選んでください。
既にゆでられて冷凍されているものも登場しています。
なお、即席めんが生まれたのは日本で、当時は油で揚げていました。
現在では油で揚げた麺とフリーズドライにしてある麺が半々となっています。
なお、穀類以外にも、鶏卵やほうれん草、胡麻や抹茶などを練りこんだ面も少なくありません。

SNSでもご購読できます。