壱岐の本マグロ

マグロの中でも最高級とされる本マグロ。
クロマグロとも呼ばれ、やはり産地としては青森の大間が有名ですね。
築地市場では過去に2000万円以上で競り落とされたこともあるほどです。

しかし、そんな大間と並ぶ本マグロの名産地があることをご存知でしょうか。
それは長崎の壱岐という、福岡から北西に位置する離島です。
対馬海流と日本海流という二つの暖流と寒流がぶつかる壱岐は海産物に恵まれ、昔から天然の本マグロの一本釣りが行われてきました。
300kg級のマグロが釣れることもあり、築地市場では大間のマグロと同じくらい高価に取引されるほどなんです。

現地で食べる釣りたての本マグロは、筆舌に尽くし難い美味しさです。
もともと一本釣りはその場で血抜きをし、丁寧に処理するので、巻き網漁のマグロより格段に鮮度と味が良いことで知られています。
しかし、やはり釣りたての新鮮さには遠く及びませんね。

壱岐観光ではそんな鮮度抜群の本マグロの解体ショーを楽しむことができます。
お店では食べることの出来ない、本当に美味しいマグロを味わってみたい方は、ぜひ壱岐を訪ねてみてください。

SNSでもご購読できます。