滋賀で食べた美味しい手打ち蕎麦

手打ち蕎麦と聞いて思い出すのは、私が友人と滋賀へ車でドライブしに行ったときのことです。滋賀は水が美味しいため蕎麦の街として有名なのですが、友人がとあるグルメガイドを手に1軒の手打ち蕎麦屋に行きたいと言いました。友人が駐車場に車を停めて入店したのは「やなぎや」という蕎麦屋の佇まいに相応しいとても落ち着いた雰囲気の店です。ただ、有名な蕎麦屋ということで店内はすでにほぼ満席でした。運良く席を確保すると、私と友人はそれぞれ手打ち蕎麦を頼みました。
すると、だいたい注文してから待つこと1時間、やっと期待の手打ち蕎麦が私たちの目の前に姿を現しました。私が頼んだのは普通のつけ汁ではなくてくるみ汁というつけ汁で甘い香りがしていました。いざ食べてみると、さすが手打ち蕎麦だけあってとてもコシがあり食べ応えがありました。また、くるみ汁も非常に独特な味でしたが、私の舌には合っていてとても美味しかったです。

注文してから1時間とはだいぶ待ちましたが、それでも滋賀でそばを食べられたことは、とても良い思い出になりました。

SNSでもご購読できます。