名物・しらすを筆頭に鎌倉は海の幸を堪能できる街

神奈川県の鎌倉市といえば日本屈指の観光スポットとしてよく知られています。市内各所に点在する神社仏閣をはじめとする旧蹟は、訪れる人々に古都の面影をしのばせています。またその一方で、この街は魅力的なグルメスポットでもあります。

「鎌倉文士」という言葉もあるとおり、この街には明治から昭和の初めにかけて多くの文学者が居を構えていました。そんな、高い美意識と鋭敏な感覚を持つ文人たちの舌を満足させてきた伝統が今も息づいているのです。その美食の源泉は何と言っても相模湾の新鮮な魚介類です。四季折々にとれる海の幸を存分に堪能できるお店がこの街にはたくさんあります。

中でも名産のしらすは、生のままで、あるいはかき揚げにして、はたまた釜揚げしらすでと、さまざまな調理法で楽しむことができます。鎌倉のしらすを食べさせてくれる店は鎌倉市浄明寺にあり、江の島の方では住宅街の古民家を改築した隠れ家的なお店も点在しています。

SNSでもご購読できます。